猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する64番目はひろ江さん

供養

 ご供養はさせていただいたものの、記録が遅くなりました。

今日のひろ江さんは、11月19日にご供養させていただいた方です。


ひろ江さんは、しっとりと良いところの奥さま風に見える方でしたが、お話を伺うと そういうことではなく・・・

幼いころに親と別れ、置屋で暮らすようになったそうです。
置屋 というのは、芸者や遊女を抱えている家のこと。

幼い頃は姐さん方のお世話や、おかあさんと呼ぶ置屋のおかみさんに指示された雑用をしていました。

その様子が変わったのは、14~5歳の頃。
雑用はなくなり、唄や三味線のお稽古に行くようになったそうです。

そして綺麗に髪を結ってもらい お披露目があり・・・
やがて お座敷にも声がかかるようになりました。

そんなある日 ひろ江さんは初めて 男の人に抱かれました。
何もわからないまま 言われるままに身体を開き やがて 痛みだけが残りました。

それでも 子どもを身籠ったのです。

おかあさんや お姐さん方にも 男衆にも もちろん ひろ江さん自身が気が付かず、臨月を迎えました。

驚いたのは大人たち。
それでも生まれた男の子を お寺に預け、ひろ江さんは芸の道に精進しました。

そして 押しも押されぬ その置屋の一番の稼ぎ手になったのでした。


 好いたおとこはんではなかったけれど、身請けされ 人の妻にもなりました

既に 子を産める年齢ではなかったので、その男性と添い遂げましたが、気掛かりは若いころに産んだ我が子のこと・・・

ひろ江さんは、そう言って袖で顔を隠しました。

どんな風に育ったのか
母を恨んではいまいか
全うに生きてくれたのだろうか

そんなことが気に掛かる と言いました。


それでは 息子さんに来ていただきましょう。


ひろ江さんに面差しのよく似た男性がやって来ました。

私はもらわれ子として育ちました
けれど、それで苛められたり 蔑まれたりしたことは一度もありません
おとうさんもおかあさんも それは優しい人でした

私がもらわれて行って数年後 ふたりに子供が生まれました

そのことも、私が居たから 二人目を授かった と喜んでくれて・・・
申し訳ないほど 実の母のことは考えずに生きました

もちろん 家督は弟が継ぎました
それでも 弟も私を大切に考えてくれましたから、こころ穏やかに過ごすことが出来ました


その話を聞いて、ひろ江さんは静かに涙を流していました。

私はただ 子を産んだだけ
それでも どんな風に生きたのだろう と気に掛かっていました

人の子を これほどまでに大切に育ててくださって・・・
感謝しても感謝しきれません

そう言って 息子さんの手を押し抱きました。

お母さん 産んで下さって ありがとうございました

優しい笑顔で 息子さんはそう 言いました。

ひろ江さんと息子さんは しっかりと手を取り合って 光の元へと 還っていきました。


ありがとうございます(^人^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。