猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示する59番目は康さん

供養

続けての ご供養です。

今回のご供養は 必要に迫られて ということでした。

今回ご供養を希望された 康さん 彼は私の父親です。
既に亡くなっていますが、これまで真面目に供養を考えたことがありません。
なぜなら 声を掛けても反応がないから。

ゆえに放置していました。
ご供養は放置していても、私のまわりに父親の影は色濃くあります。

gokuyou.jpg

祭壇に飾ってある写真は、父のものと、父方の祖父母の金婚式のものです。
私が使っているパスワードに、父の名前のものもいくつかあります。

そんな風に、無意識の意識で父を想っているのに・・・

少し 脱線しましたね。

では ご供養に戻ります。


康さんは、なぜ自分を供養してくれないのか? そう言いました。

今いるところは、暗くて何もない所
ロウソク一本の明かりで、酒を呑み ロウソクが消えて眠りに就く
またロウソクの明かりがともり、酒を呑み、ロウソクが消えて目を瞑る

それが彼の毎日だそうです。

そう、地獄・・・
そこから抜け出したくても 抜け出す方法がわからなかった と。

そして自分がどれだけ おまえを恨んでいるか 理解してくれ と言いました。


それでは と康さんの過去生をみせてもらいました。

河原で遊んでいる 父と息子
息子は2~3歳くらいの とても可愛い男の子です。

そろそろ帰ろうか?

そう声を掛けて、父親は息子を肩車しました
そこへ 息を切らして若い女性が駆けてきました

大変です!
謀反が起りました
すぐ 帰ってください!!

父親は息子を女性に預けると 一目散に駆けていきました

彼は城主でした。

当時の息子が 康さんです。
そして 父親が 私でした。


今世 父親と娘 という立場でご縁を得ましたが、それは康さんにとっては恨みを晴らす そんな目的があったそうです。

なぜ 恨みなのですか?

教えられた過去生では、どこで恨むようなことが起ったのか まるでわかりません。
そこで、その当時の過去生をもう少し 見せてもらうことにしました。


2~3歳の男の子=康さんを預けられた女性は、父親の姿が見えなくなると男の子を川の中に連れて行き 殺していました。

その女性は、領主の子供を宿していました
正妻は、跡取り息子を生んでまもなく息を引き取りました
城主は権力を持っている上に とても魅力的な男性でしたから、手当たり次第 という言葉通り、浮き名を流したのです

その中のひとり、この女性は妊娠したことがわかると、自分の子供を跡取りに と願いました

結果 今がチャンスとばかりに、殺したのです・・・


そうは言っても・・・

そんな思いが湧きました
当時の風潮そのままで生きた自分に 落ち度があるのか? という思いも湧きながら、幼い息子に申し訳なかった と赦しを請いました

木の実を食べ、一緒に光の元へと還ろうとしましたが、どうにも光が降って来ません。
そこで まだなにかあるな と聞いてみました。

その時代の 男の子を殺したのは、今世の私の母親でした・・・
なんたること・・・

その女性にもしっかりと 木の実を食べてもらい、幼い男の子に赦してもらい やっと 光の元へと還すことができました。


そして 今世・・・

当時の幼い男の子が 自分を殺した女性を妻にしたのは 報復のためでした。
そこへ当時の父親が 二女として生まれたのは、偶然ではなく 必然だったのでしょうね。


さまざまなドラマがありました。
姉と会って昔話をするとき、父親のことも話題にのぼります。
私たちから搾取したよね という事実はもちろんあるのですが、考えられないよね と不思議に思う こころの広さや行動、言動がたくさんあるのです。

寂しい人だったんだね

そんな思いは生前もありましたが、改めてもっと 愛してほしい という康さんの思いが伝わってきました。


愛してほしい と願うあまり、自分勝手な行動も多い人でした。
それは すべて私たちを試していたのでしょう。

これでもか? 
これでも 俺を大切に考えることができるのか?

そういう思いだったのでしょうね。

一緒に並んで 愛と信頼の木の実を食べながら、昔語りをしました
こんなこと あったね
こんなことを 教えてくれたね
自慢の父親だったし 最低の父親だったね

本当に極端な人でした。

そういう話を だんだんと態度を和らげて笑いながら続けました。

そして 康さんと私は しっかりと抱き合い 笑顔で何度も頷きあい、私は光の元へと還る康さんを見送りました。


搾取された と考えるのは、今世の姉と私の思い。
当時の慰謝料をもらった と考えるのが、康さんの魂の思い。

もっとも 姉と康さんとのご縁は知り得ませんが・・・


自分の知らない 昔むかし大昔のことで、今世 思いがけない人生を送る事になる

これも 最初から決めているのでしょうが、早く知る事が出来れば その分早く笑顔で生きることができます。


とうさん 悪かったね
もっと早く 地獄から救ってあげられれば良かったんだけど・・・

いやいや 俺がお前を信じなかったんだよ
こんなことができるようになっているなんてな(笑)
ありがとうよ


そんな風に言ってくれました。


ありがとうございます(^人^)  


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret