猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する52番目は哲夫さん

供養

 52番目は哲夫さんのご供養をさせていただきました。

哲夫さんと仰るのに、最初から外国の風景を見せていただきました。
なぜでしょう?

その時のお名前は伺いそびれていますので、テツという事でお話させていただきましょう。

テツは、いつも思っていました。
岸壁に建っている白亜の御殿の主人になるのだと。

大人になったテツは、毎日白亜の御殿に出掛けました。
そして中に入れてくれと警護のものと揉めていました。
ある日、御殿の主人が出掛けるところに遭遇し、これ幸いと大声で話がしたい!と叫びました。

御殿の主人は、警護の者にこれまでのいきさつを聞き、興味を持ってテツに話を聞こうと言いました。

私はこの御殿の主人になりたい

テツは臆面もなくそう言いました。

そうか、ではお前は主人になるために、どんなことが出来るのだね?

そう主人に聞かれ、返事に困りました。

おや? 何も出来ないのに、主人になりたいというのかね?
それは無理な相談だ
二度と屋敷には近付くんじゃないぞ!


テツは自分のこれまでを振り返ってみました。
百姓も漁師も、3日で飽きました。
町で仕事を紹介してもらっても、やはり続きません。

俺はあの白亜の御殿の主人になるのだ

そう豪語するばかりで、なんにもできない 何も真面目にやろうとしない男だったのです。


これが私の前世です

哲夫さんは言いました。
今世は真面目に働きました。
そして、白亜の御殿程ではなくとも、大きな屋敷と美しい妻、可愛い子供に恵まれました。

しかし なにか足らない
それが何かわからない

そう仰います。

それでは、と奥様に来ていただきました。

はい、確かに仕事は出来る人でした
子どもも生まれましたが、夫は私や子供には興味を持たず、仕事ばかりしていました

そうでしたか・・・

哲夫さんに来ていただき、その話をしました。

前世私は仕事がないのに、白亜の御殿の主になる事ばかりを考えていました
今世は、御殿に見合う仕事の出来る男になりたかった
だから、一生懸命仕事をしました
それが問題なのですか?

哲夫さん、奥様やお子さんのことはどんな風に考えておられましたか?

妻や子供は・・・
御殿の付属物
居て当たり前の存在でした

その奥さまやお子さんがいることで、安らぎを得たり笑顔になったり、という事はありませんでしたか?

安らぎとはなんでしょう?
笑顔は・・・
可笑しいときには笑っていたと思いますが・・・

その話を聞いていた奥さまは、ふうっと大きなため息をつきました。

そうなんです
本当にその通りなのです
確かに笑顔も見たことはあります
でも、それだけなのです


哲夫さん、今世あなたは一生懸命働き、御殿に見合うだけの仕事の出来る男になりました
とても素晴らしいことですね
どうやら、あなたは物事をひとつずつ解決していかれる方のようです

来世は何が大切になるか おわかりですか?

家族との時間
自分の感情 でしょうか

そうですね
愛という事でしょう
家族といて、何も話をしなくても一緒に居るだけで笑顔になる
そんな感情を味わっていただきたいです

感情・・・
が次のテーマなのですか?

はい、そのようです


ツインソウル
そんな言葉が浮かびました。


奥さまをそっと抱きしめると、哲夫さんは何も言わずに一人で光の元へと還っていきました。


そんな哲夫さんを奥さまは呆れたように見ておられます。

どうされますか?
来世はあなたの望むような夫になりそうですが・・・

私は幸せになりたいと望んでいます
その幸せが彼と一緒になる事であれば、仕方がない
次に出会ったときは従順な妻ではなく、彼が感情を理解できるような
そんな生活が出来る人間で居たいと思います

苦笑しながらも、そうはっきりと仰いました。

出て来られた時よりも活発になって、光の元へと還っていかれました。


ありがとうございます(^人^)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。