猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示する38番目は源三さん

供養

 38番目は、大店の手代 源三さんのお話です。
手代 という立場は、番頭さんと丁稚さんの中間だそうです。


 源三さんには、好いたおんなが居たそうです。

同じお店で女中をしていた、明るくて気立てのよい しかも 綺麗なおんなだったそうです。

いつか 旦那さまにお願いして、夫婦にしてもらえたら と思っていました。


 しかし ある日そのおんなはお暇をもらってお店から姿を消しました。

どうしたことだ? と思っていると、旦那さまからの頼まれごと。

そのおんなは、旦那さまのお手が付いて 子が出来たのだそうです。

それでは体面が悪い と暇を出されましたが、住まいを用意し これからの暮らしが出来るように月々なにがしかを届けてほしい という事でした。


 源三さんはびっくりしましたが、仕方がありません。

そのおんなのところへ金子を持って毎月出掛けました。

おんなは源三さんが来ると とても嬉しそうにします。もちろん 源三さんも笑顔で楽しげでした。


 そんなある日、旦那さまは源三さんに女房を娶るように言いました。

そのおんなも、お店で女中として働いていました。断ることも出来ず、源三さんは女房持ちになりました。

女房にも、毎月金子を届けに行くおんなのことは知らせませんでした。

既に 男の子が生まれ、大きくなり 源三さんになついていました。

 これが本当の家族だったら・・・

好いたおんなと、坊主と私・・・

 何度もなんども 妄想しました。


そしてある日、おんなにその想いを伝えたのです。

あなたと夫婦になり こんな風に子がいる そんなことを何度もなんども思いました。

すると おんなは大粒の涙をポロポロこぼし、ついには突っ伏して声を上げて泣き始めました。


 私の思いは、無駄ではなかったのですね・・・

私も お店に奉公に上がったときから、あなたを目で追っていました

いつか 夫婦になれたら良いな そんな風に思い描いていたのです

それがこんなことになって・・・

この子があなたの子なら どれだけ幸せか・・・

いつもいつも そう思って暮らしてきました


源三さんの思いは報われたのです。

しかし ふたりが夫婦になる事は出来ません。


やがて ふたりはこの世で思いを遂げられないなら と思い詰めるようになりました。

そしてある日、心中を図ったのです。

とは言え、おんなと子供は源三さんの手にかかり 命を落としましたが、源三さんは死にきれませんでした。

 
 捕えられ 遠島を申し付けられ その地で果てたのでした。



生き残ってしまったことを詫びたい と仰います。

そこで 源三さんの手にかかったおんなと子供に来てもらいました。


良いんです、私はあれで充分でした

源三さんの思いを知ってからも、旦那さまは私を求めて何度か 来られました

そういう生き方に ほとほと嫌気がさしていましたから・・・


源三さんに来ていただきました。


しっかりと抱き合い、泣いておられました。

次の世は、ふたりで幸せになろうな

そう 源三さんがおっしゃったので、失礼ながら水を差しました。


いえいえ それはなりません。

いま 来世のことを約束することは、今のあなたたちをつくることになります。

お互いの幸せを願ってください。

そうすることが、おふたりが幸せに巡り合うことに繋がるでしょう。


源三さんは、女房にも謝りたい と仰いました。

 現れた源三さんの女房は、笑顔で言いました。

やっと誰にも邪魔されずに すむんだねぇ
あたしは ずっと二人を見ていたらから、どんだけじれったかったか(笑)

あたしのことは良いんです 気にせず 一緒にお行きなさい^^


なんとも 気風の良い女性です。

源三さんたち3人が光の元へと還った後、女房はしばらくの間 黙々と愛と信頼の木の実を食べていました。

ふふふっ いいおんなを気取ってみたけれど、あたしは源三さんに ずっと先から夢中だったんですよ

 叶わぬ恋もなかなか 乙なもんですね^^


そう言って にっこり笑うと、ビューンと光の元へと還っていかれました。


ありがとうございます(^人^) 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret