猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する34番目 しまさん

供養

 着物姿の楚々とした美しい方のようです。
お名前は しま と仰います。
早速 しまさんの生きざまをみせていただきました。


 小舟に乗って揺られている・・・
この時 安寿と厨子王 を思い浮かべました。
似ているようですが、少し事情が違うようです。

 次はとても仲のよさそうな親子さん。真ん中の小さな少女が しまさんのようです。

公家の娘でした・・・

しまさんが話し始めました。

父と母の深い愛情を受けて育った私は、本当に幸せ者です
信じてもらえないかもしれませんが、父と母と私はいつも 一緒に寝ていました
川の字で寝る と言っているあの姿そのまま、父と母の間でいつもぐっすり眠っていました

あの夜 何が起こったのか 私は知りません
気が付くと 誰も知らないところにいました
それ以降 父にも母にも 会っていません

どうしているのか
何があったのか
とても父と母が恋しい・・・
会いたくて会いたくて どうにもやり切れません


そんな風に仰いました。

早速 両親に来てもらいました。

しっかりとした大人の女性の姿だったしまさんは、急に少女の姿になり 一目散に駆け出しました。

そして 父親の懐へと飛び込み 大きな声で泣きはじめました。
そのそばで、母親も父親としまさんを抱きしめ 泣いています。


 しまよ お前には辛い思いをさせてしまったのだろうな
謀反が起こったのだよ
私の周りの 私が信じていた者たちが、私たちを亡き者にしようとしたのだ
お前だけは! と首領と見えるものに預けたのだが、どうしていたのだ?

 父上 そういう事だったのですね
私は誰も知らないところで目を覚まし、とても怖い思いをしました
それでも 周りのものはみな 私に良くしてくれました
結果 その家の息子のもとに嫁ぎ、幸せに暮らしました
それでも 子を生してみると、ますます父上や母上に会いたくて・・・

こうしてお目にかかることができて、どれほど幸せか・・・

そうでした、私の家族にも会っていただきとうございます


 しまさんは、夫をはじめ 子供たち、夫の両親にも 父親と母親を紹介しました。
皆で 楽しそうに話をしながら、木の実を食べています。


 しばらくして、しまさんたちはそろそろ お暇致します と言って、光の元へと還っていきました。

 残った父親と母親は、何事か相談していました。
それは当時自分たちに仕えていてくれた者たちを呼ぶことでした。


たくさんの人が木の下に集まりました。
何も言わず、ただ 木の実を食べています。
よく見ると その中に嗚咽しながら地面に額をこすり付けている男が居ました。

父親と母親は、そのことに気が付くと静かに頷きあいました。
何も言わず ただ その男を見守っていました。

やがて ひとりふたり と光の元へと還り始めました。

最後に残ったのは父親と母親 そしてもう一人・・・
静かに手を握り合い、じっと見つめ合った後 ゆっくりと光の元へ 還っていきました。


ありがとうございます。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。