猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する56番目は 咲ちゃん

供養

 カサブランカだったのでしょうか 3つの蕾がみな開き 華やかな私仕様の仏壇になっています。

ゆり

ちょっと画像が大きすぎましたね^^;


56番目は咲ちゃんという少女でした。

彼女は孤児で血縁はないのですが、同じ孤児のおにいちゃんと行動していました。

それまで住んでいた村を出たふたりは、手を繋いで峠に差し掛かりました。
まだ 日は高く、気持ちの良い天気でした。

ふと大きな杉の木のそばを通りかかったとき、おにいちゃんは 待っていて と言い置いて、大きな杉の木に登りはじめました。

最初は 面白そうに見ていた咲ちゃんですが、だんだんとおにいちゃんの姿が見えなくなると怖くなってきました。

ねえ 降りてきて!
おにいちゃん! 降りてきてよー!

何度も叫びましたが、返事はありません。

少しすると、ザワザワっと木の高いところが揺れ、何かが飛んでいくのが見えました。

薄暗くなっても、おにいちゃんは降りてきません。
そうこうするうちに、薪を背負ったおじさんが通りかかり、咲ちゃんは一緒に次の村へといきました。

ただ泣きじゃくる咲ちゃんに、おじさん夫婦は困ってしまい ひと晩泊めると後は咲ちゃんにどこかへ行くように言いました。

しばらく歩いて、朽ちかけた神社に辿りつきました。
泣いても泣いても おにいちゃんは帰ってきません。

置いて行かれた
一人ぽっちになってしまった

寂しさと怖さと、おにいちゃんを恨む気持ちもあったかもしれません。


数日後、咲ちゃんはおにいちゃんの夢をみました。

必ず 迎えに来るからね

おにいちゃんはそう言って、少しばかりの食べ物を咲ちゃんに渡しました。


ふと気が付くと、すぐそばに夢で見た食べ物が置いてあります。

慌てて おにいちゃん! と探し回りましたが、見つかりませんでした。


おにいちゃんは鳥になって飛んでいったのでしょうか?

咲ちゃんは言います。

あの時 ザワザワっとしたあと、何かが飛んで行ったんです
あれはおにいちゃんが何か 大きな鳥にさらわれたのではないか
そんな風に思いました


結局 咲ちゃんは、おにいちゃんが届けてくれた食べ物を食べつくした後 静かに息を引き取ったそうです。


おにいちゃんに来てもらいましょうね

そう言って呼びかけると、背中に大きな白い羽を付けたおにいちゃんが、静かに空から降りてきました。

ん? 天使ですか?


はい あの時私は天使に連れて行かれたのです

ん? 本当に?

ええ、誰に教えられた訳ではないのですが、あの木に登れば迎えが来る とわかっていました

そうなのですか・・・

咲ちゃんに食べ物を届けられたときは?

修行中でした
ですから 一緒に連れて行きたくても住む世界が違う と言われていました

そうでしたか・・・

にわかには信じがたいお話です。
それでも、おにいちゃんは空から降りてこられたし、背中に羽根もありますし・・・

咲ちゃんを見つけると、おにいちゃんはしっかりと咲ちゃんを抱きしめました。

置いてきぼりにして ごめんよ
どうしても 行かなくてはならなかったんだ

うん わかった


静かに咲ちゃんは言いました。

途中まででも、一緒に行こうか?

おにいちゃんはそう 咲ちゃんに聞きましたが、咲ちゃんは断りました。

住む世界が違うんでしょ?
それなら 私はひとりで行くわ

ちっちゃなエンジェルたちが 咲ちゃんを囲んで楽しそうに 光の元へと還っていきました。


咲ちゃんがいなくなると、おにいちゃんの様子が変わりました。
純白の衣装を着ていても、黒いものが渦巻いています。

本当のところはどうなのですか?

実はあの時 盗賊にさらわれました
そして その仲間になったのです
食べ物を持って行ったときも 修行中だったことに間違いありませんが、それは盗賊のそれ・・・

咲を連れて行けるところではありませんでした

そうでしたか・・・

普通では考えられないようなことを 盗賊たちはやってのけます
生きるため なのでしょうが、それを楽しんでもいる
私も すっかりそのひとりになったのです

では 生きることに悔いはなかったのですね?

いえ そういう事ではありません
楽しみながら ひとを傷つけ ひとから奪いました
今度も 咲と一緒には行けませんでした・・・

では どうされますか?

暫くこちらに居て 迷惑をかけた方たちに詫びて回ろうと思います

そうですね
それが良いでしょう

そう言うと、おにいちゃんは背中の羽を外して折り畳み、荷物に持ち替えて歩いて行きました。


ありがとうございます(^人^)
スポンサーサイト

この記事のみを表示する55番目はミサコちゃん

供養

55番目は ミサコちゃん。

55番目のミサコちゃんのご供養は、6月15日でした。
久し振りに、と言いますか、初めての少女だったように思います。

小学校3~4年生でしょうか、ランドセルは背負っていないのでわかりません。

いきなり ジェットコースターのような 丸太のようにも見える乗り物のようなものが、すごいスピードで私の左わきをすり抜けていきました。

そこには、中学生くらいの少年の後ろにしっかりとしがみついた ミサコちゃんがいました。
この時はまだ ふたりとも楽しそうに笑っています。


ミサコちゃんとこの少年は幼馴染でした。
ある日光の乗り物のようなものに、少年が遭遇しました。

そこへ通りかかったのがミサコちゃんです。

うぁあ すごい!
私も乗りたいな~

ミサコちゃんがそう言ったので、少年は自分の後ろにミサコちゃんを乗せて、そしてその乗り物は走り出しました。

すべての景色がびゅんびゅん後ろへ飛んでいきます。
最初は面白かったのですが、深い森に入り、その森を抜けたかと思うと 次はただただ青い海を何時間も走ります。

だんだんとミサコちゃんは退屈になってきました。

ねえ ミサコもう降りる・・・

そうは言っても、ブレーキのようなものはどこにも付いていません。

ねえってば! もう降りたいの 降ろしてよ!

ミサコちゃんは泣き出しました。
ふと気が付くと、少しスピードが落ちていて 見慣れた地形が見えてきました。

少年は、しがみついているミサコちゃんの手を無理やり剥がすと、思い切り乗物から突き落としました。

きゃー

するとまた 乗り物のスピードはぐんぐん速くなっていきました。


さて ミサコちゃんですが・・・


何日も経ったのにちっとも帰ってこないミサコちゃんを、村の人々は根気よく探していました。
神隠しにあったのだろうか と噂する人もいましたが、何の痕跡も残さずミサコちゃんはある日突然姿を消したのです。

ある日山仕事に出掛けた村の人が、ミサコちゃんを見つけました。

杉の木の枝にたくさんのカラスが止まっていることに気が付き、そこに何かがある と知ったのです。
人を呼びに戻り、その木に登ってみると、そこでカラスが見ていたのは息絶えたミサコちゃんでした。


私とおにいちゃんは、ただ面白そうだな とその乗り物に乗ったのです
何がどうなっているのか、何のためにそこにあったのか まったくわかりません
おにいちゃんが先に乗っていたので、私も急いで乗りました

後はすごいスピードで走りだして・・・

最初は楽しかったけれど、いつまで経っても止まらない
怖くなって、おにいちゃんに降りたい と言ったのです

でもおにいちゃんは止めることが出来ませんでした

それでも見慣れた景色が近づいてきたので、おにいちゃんは私を突き落としてくれたのです

でもおにいちゃんがその後どうなったのか? 私は知りません
おにいちゃんにありがとうと言いたいのに、おにいちゃんは今もあの乗り物で飛んでいるのでしょうか?


ミサコちゃんはとても不安そうでした。

話はわかりました と、木の実を渡し、おにいちゃんを呼び出しました。
おにいちゃんは既に 亡くなっていました。

ミサコちゃんから話は聞きました
あなたからもお話を伺ってよろしいですか?


はい、私にも何がなんだか いまだにわかりません
あの日 目の前に光の乗り物のようなものが現れました

誰も乗っていないのに、ふっと目の前に現れたのです
なんだろう と思い乗り込んだところへ ミサコちゃんがやって来ました

ミサコちゃんも目を輝かせてすぐに乗ってきました
そして僕の腰をしっかりと掴んだとき、乗り物がゆっくりと動き始めたのです

最初は楽しかった
地面を走るのではなく、地上から少し離れたところを走って いえ 飛んでいました
上がったり 下がったり・・・
木があればそれをよけ、山があればグーンと一気に登る

本当にワクワクしました

でもいつまで経っても止まる気配がありません
ミサコちゃんだけじゃない 僕も怖くなりました

でもハンドルもブレーキも 何もついていないんです

仕方がないので、地面が近づいたとき 思い切ってミサコちゃんを落としました

そうでしたか・・・
その後あなたはどうされたのですか?

どれだけの時間 あの乗り物に乗っていたのかわかりません
何も食べず 何も飲まず
寝ることさえできませんでした

それでも おなかが空いた とも、疲れた とも思わない
不思議な感覚でした

やがて 海に差し掛かったとき、僕は急に乗物から落ちたんです
海の真ん中に 誰にも知られず 誰にも伝えることが出来ないまま 沈んでいました

そうでしたか・・・

少年にも木の実を渡し、食べてもらっているとミサコちゃんがやって来ました。

おにいちゃん!

ミサコちゃん!

ふたりはしっかりと抱き合いました。
そして お互いがどうなったのかを話し合いました。

おにいちゃんに会えて 良かった!

ミサコちゃんが村の人たちに気付いてもらえて良かった!

ふたりはにっこり 笑いました。
そして 手を繋いで、光の元へと還っていきました。


ふたりを見送った後、大日如来さまに聞いてみました。

あの乗り物はなんだったのですか?
何のために ふたりは乗せられたのですか?

まだ知らずともよい

大日如来さまは静かにそう仰ると 静かに去って行かれました。


ありがとうございます(^人^)

この記事のみを表示する54番目は ロクスケさん

供養

 54番目は ロクスケさんでした。

漢字ではなく、カタカナでのロクスケさん。
特に、六番目 という事ではありません。


雨風の激しい夜、小船に荷物を積んで必死で漕いでいる それがロクスケさんでした。
よく見ると、ひとりではなく年老いた男女も乗っています。

しかし必死に漕いでいるものの、小船は木の葉のように煽られて、やがてひっくり返りロクスケさんの姿は見えなくなりました。

翌朝、川下の河原でロクスケさんは うつ伏せの状態で見つかりました。


ロクスケさん どうなさいましたか?

私は長い間 自分を偽って生きてきました
記憶が無くなった振りをして、新たなひとりの人間として生きたのです

その為に、小船で一緒に逃げ出した両親を探すこともせず、姉が様子を知ってきたときにも知らんふりをしました

恥ずかしいことです
情けないことです

両親にも姉にも、妻や子供にも詫びを言いたい・・・


そうでしたか。
なぜ小船で逃げ出されたのですか?

貧乏な百姓でした
両親は生きることが下手な人でしたから、借金をこさえ その借金のカタに姉が売り飛ばされました
それでも暮しは楽になるどころか、私まで売られそうになったのです
年老いた両親を老いて、町に出ることは無理だと思いました
だから、村を逃げ出すことにしたのです

あいにく雨の降る夜でしたが、この日を逃すわけにはいかず・・・
結果 小船は沈み、両親の行方はわからないままです

そうでしたか・・・
あなたは助けられたのですね?

はい、でも住んでいた村や名前が知れるとまた村に連れ戻されます
そうなったら借金を返さなければいけません
そんなことは到底無理だった・・・

だから 自分が誰か わからないふりをしたのです

名前だけは、ロク と思い出したふりをしました
それは もしも見知った人に会った時、名前を呼ばれてうっかり振り返ったときにもばれない為です

おやおや ずいぶんと知恵を働かせたのですね

はい、なんとしても生きたかったから

そうでしたか

それで、お姉さんが来られた と仰いましたが?

ええ 数年経って、良い身なりをした女の人が私を訪ねてきましたが、それが姉でした
姉は置屋に売られたと聞いていましたが、その後良い出会いがあったようです

そのお姉さんにも?

はい 知らぬ存ぜぬで通しました
姉はなんとも言えない悲しそうな顔で 立ち去りました

そうでしたか・・・
それでは ご両親やお姉さんに来ていただきましょう


年老いたご夫婦と、身綺麗に支度された女性が来られました。
これまでのことをお話すると、ロクスケさんの手を取り皆さん 泣いておられました。

生きるためにはそうするしか なかったんだね

そう皆さんが納得されていました。

やがて 4人で手を繋いで、光の元へと還っていかれました。


ありがとうございます。

この記事のみを表示する53番目は雄一郎さん

供養

 53番目は、雄一郎さんです。名字も教えていただきましたが、ここではお名前だけ。

昭和の初めの頃のお話のようです。
坂道をバンカラな学生さんといった風体の雄一郎さんが坂道を登ってきました。
友人と一緒でしたが、途中で別れ雄一郎さんは右手の路地に入っていきました。

暫くすると、荒んだイメージの建物が現れました。
躊躇することなくその建物に入っていく 雄一郎さん。
彼がそこで見ていたのは、ひとりの女性でした。

そっと肩に手を掛けられて振り向くと、白衣を着た医者が立っており雄一郎さんに言いました。

逢っていきますか?

その問いに返事もせず、雄一郎さんは足早に去っていきました。

それで?
どうされたいのですか?

私には精神病患者の母がいました
私にそのことを教えたのは、実の母だと思っていた人です

病院に行っても私は母に何も言葉を掛けることも出来ず、名乗ることもせず・・・
そのことを母に詫びたい
と同時に、なぜその事実を私に教えたのか?

母だと思っていた女性に恨み言のひとつも言いたいのです
私は、自分の母親が精神病だというプレッシャーに負けて、自分も精神病患者として生きましたから


そうですか
プレッシャーに負けた と自覚しておられるのに、恨み言を言いたい と言われるのですね?
わかりました

まずは、精神病院におられた実の母 という人に来ていただきましょう


その女性がやって来ました。
お綺麗な方ですが、あまり話はされません。

あなたの息子さんだと仰っていますが・・・

えっ 私は子供を産んだことはありません
何かの間違いでしょう

あらあら・・・

念のため、病院の医師にも来ていただきました。

確かにあの患者さんは、妊娠したことはありませんよ


どういう事でしょう?

雄一郎さんもきょとんとしておられます。

では あなたが長い間母親だと思っておられた女性に来ていただきましょう


その女性が来られました。

事の顛末をお話すると、バツの悪いお顔になりました。


実は・・・
雄一郎は私の息子です
でも、夫と結婚した時既に身籠っていまして・・・

結婚後生まれた雄一郎の弟が、本当の夫との息子なので彼に跡目を継がせたかったのです
その為に、でっち上げました
出て行ってくれればそれで満足でしたが、彼も精神を患ったので弟が跡目を継ぐのには何の問題も無くなったわけです


なんだか ひどいお話ですね・・・


はい、雄一郎には申し訳ないことをしました


雄一郎さんにも来ていただき、申し訳ありませんでした と謝りました。
雄一郎さんは、病気になったのは自分の弱さでもあった、と素直に謝罪を受けました。

そこへ父親もやって来て、雄一郎さんを抱きしめると一緒に 光の元へと還っていきました。

母親も還るはずでしたが、どうにも上がることが出来ません。

改めてお話を伺いました。


まだ何か お話された方が良いようですね?


騙すことは出来ないのですね・・・

観念されたように、話を続けられました。


先ほどの話も嘘です
雄一郎は、夫の子供です
弟の方が、実は私の愛人の子供でした

年齢の離れた夫より、私は若い男に惹かれ 身籠りました
幸い 夫は私を信じていましたから、何の疑いもなく二男として認知しています
老い先短い夫、それに比べて一緒に過ごす時間が長いだろう愛人

それなら、跡目を継がせるのは愛人との子の方が良いと思ったのです

ですから、夫の子である雄一郎を排除しようとしました


なんてこと・・・
随分と身勝手な方ですね・・・


結果、愛人との子が跡目を相続しましたが、彼は私を相手にしませんでした


おやおや

と此処で、愛人との子供さんに来ていただきました。


父は、私が父と呼ぶのは身勝手な母の愛人ではなく、きちんと育ててくれた人のことですが・・・
父は、すべてを知っていました
私が本当の子供でないことも 見抜いていましたが、兄がいなくなった以上私に託すより他に方法がありませんでした

私は父を尊敬していましたし、すべてを教えてもらいました

父と兄には、本当に申し訳なかった と思います


いえいえ あなたには何の罪もないですよ
そのことは、お父さまもご存知です


そういった話を母親はすべて 聞いていました。


申し訳なかったわね・・・


もう 済んだことです

二男さんはあっさりと答えました。
そして、母親の手を取ると、一緒に光の元へと還っていかれました。


ありがとうございます(^人^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。