猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する43番目は玉三さん

供養

43番目は 按摩をされていた玉三さんです。

生まれたときから 目が見えなかったそうです。
ですから 按摩になる という選択しかなかった と仰います。
腕の良い按摩 として、評判になり 何不自由のない暮らしをされたそうです。

なぜ ここにいるのか わからない とも仰います。

では と生きざまを見せていただきました。

男娼・・・

表向きは按摩家業で、娼館という形ではありませんでしたが、玉三さんは男娼として生きた人でした。
15歳で既に男娼として仕込まれていました。
素直な性格でしたから、男娼としての腕もめきめき上達したそうです。

しかも若くて ツボを得ている。
玉三さんに入れあげる女性は 多かった と言います。

そんな玉三さんは、なぜ光の元へと還ることが出来ないのでしょうか?
今度は直接 玉三さんに話を聞きました。

あたしゃね たくさんのおんなの人に悦んでいただきましたよ
美味しいものもいただいたし、気持ちの良いものを着せてもらったし・・・
それがあたしの世界でした
それしか あたしが生きる道はなかったんですからね・・・

最初は穏やかに話をされていましたが、だんだんと話しぶりが変化してきました。

それしか 出来やしないんです!
そう 生まれついたんですから
他の生き方なんて あたしには無かったんですよ!

最初は面白かった
おとこの体を揉むのではなく やわらかいおんなの体はあたしの体を興奮させましたからね
15でした
15であたしは 初めて仕込まれたんです
何もわからないあたしを こうして ああして とおかみさんは教えてくれました
好奇心でいっぱいで あっという間でしたね
それからしばらくは 次はいつか と心待ちにしたものです

でもだんだんと嫌になってきた

おんなたちは 飽くことを知らない
もっともっと とねだり、あたしが駄目になっても もっともっと とせがみ、あたしを奮い立たせようとする
あさましい と思うようになりました

按摩だけで 生きていきたい

そんな風に思うようにもなりましたが、もう 止められなかった・・・

誰のことも恨んでいない
これがあたしの生きる道

そんな風に仰るのに、光の元へと還ることが出来ないのはなぜだろう と不思議に思いました。

確かに 誰のことも恨んではおられないようですが、決してご自分の人生を楽しまれたわけではないようです。
ただ 流して生きてきたわけでもなく、根底には 冷たく凍った諦め があるようです。
どうせ・・・ という言葉を使われなかったので、すぐには気が付かなかったのですが 玉三さんは自分の人生をすっかり諦めて 言われるまま 生きてこられたのです。

すぐには 玉三さんにも受け入れてもらえませんでした。
ご自分の考え方の どこが違うのか 理解していただけなかったのです。

閉じ込められた 狭い世界の中で、玉三さんは必死で生きました。
最初は 珍しく 楽しいとさえ思えた世界も、やがて自分は利用されているだけなんだ と思うようになります。
おんなたちが時折話す 別の世界・・・

それを知る術もなく、自分はこの世界だけでしか 生きられないんだ という諦めが玉三さんを支配するようになりました。


ここで、玉三さんに普段の生活はどなたがお世話してくれていたのですか? と伺いました。
省三さんというひとまわり以上歳の離れた男性でしたが、その省三さんにもお話を伺いました。

穏やかな方でした
声を荒げることもなく 物にあたることもなく お客さまを悦ばせることを一番に考えておいででした
でも 私はとても 恐ろしい 怖い という思いをぬぐうことが出来ませんでした

どうして そんな風に思われたのですか?

よくわかりません
でも どんなに暖かい日でも 玉三さんのそばに行くと ひんやり震えがくるような そんな底知れない部分があったのです

おふたりには たくさん 木の実を召し上がっていただき、そして光をたっぷりと浴びていただきました。
納得された後の玉三さんは、ゆっくりと光の元へと還って行かれましたが、省三さんはそうではありません。

省三さんはいったいどうして 玉三さんのお世話をするようになったのでしょう?

そこへ現れたのは、玉三さんを抱えていた娼館のおかみです。
実は 省三は玉三の胤なんですよ
いずれは 玉三と二人で相手をしてもらう そんな風に考えて、玉三の世話をさせたんです

省三さんは十のころから 男とおんなのむつごとの後始末をしていた と言います。

あの子は目が見えますからね
ただ 見せていれば それで良かったんですよ
見て 覚える
そうさせたんです

そうでしたか・・・

省三さんには 玉三さんのような諦めはなかったようですが、怖い 恐ろしい と思う人との生活。
知らされていなかった とはいえ、それが親子だったなんて・・・
なんとも 切ないですね。

省三さんを理解してからは、ぐんと楽になり やがて省三さんも 光の元へと還っていきました。

さて おかみさん あなたは? と問うた時、おかみさんは あたしはまだまだ いけませんよ と笑いました。
玉三だけではないんです
もっともっと ご供養しなくちゃ あたしは光の元へなんか いけやしませんよ

そう言って 暗闇に姿を消されました。


ありがとうございます(^人^)

スポンサーサイト

この記事のみを表示する42番目は太郎さん

供養

 母のところから持ち帰った 黄色い小菊にほんの少し 色が出始めました。
そんな初秋の今日 ご供養させていただいたのは、42番目 太郎さんです。

 ピシッと高価そうなスーツを身に纏った太郎さん。
本当の名前では差しさわりがある と仮の名前でのご供養です。


太郎さんは見た目通り 上場企業のエリートサラリーマンだったそうです。
ところが仕事で失敗し、事故で亡くなったそうです。

事故 というよりは、事故に見せかけた殺人 ということらしいのですが、そこにも何かありそう・・・

丁寧に聞いていると、殺人に見せかけた自殺・・・

なぜ 自殺なのに殺人に見せかける必要があるのですか? 
そう聞いてみました。

家族に保険金が必要だから

そうでしたか。
それにしても、会社に損害を与えるような仕事ぶりのあと 殺人に見せかけた事故 のような 自殺 って、ずいぶん手が込んでいませんか?
それに なぜご供養されたい と思われたのですか?

事故であっても 殺人であっても 加害者が居れば、家族がその人を恨むのではないか と思ったのです
自分の勝手な理由で ひとを巻き込んでの自殺
自殺なら 私一人が責められれば良いけれど、他人さまを家族が責めるのは見たくなかったから

なぜか 釈然としません。
それが理由であれば、弱い気がします。

殺人に見せかけた事故 事故に見せかけた 自殺

そんなことを考えるだけの能力があるなら、もっと違う方法があったのではないでしょうか?
そう質問すると、貝のように黙ってしまわれました。

このままでは 光の元へと還る事は難しくなります。
こころをからっぽにして、何も思い残すことなく 笑顔になれてこそ 光の元へと還ることが出来るのですから。
愛と信頼の木の実を食べていただいている間に、ご家族の方に来ていただきました。

と言っても、みなさん 今を生きておられる方たちです。

ご家族の姿を目にすると、太郎さんはとても恋しがるような それでいてそばに近寄っていけないような そんな態度を見せられました。

どうされました?

いえ 私は家族に嫌われているので・・・

えっ どうしてそんな風に思われるのですか?

もちろん 妻とは愛し合って結婚しました
結果 子供も出来ました
良い会社に入って 良い仕事をして 良い給料ももらいました
それで満足すれば、今のようなことにはならなかったでしょう

でも 私は夢中になり過ぎました
仕事が面白くなり 家族は後回しになっていったのです

気が付けば仕事では失敗し、家族に安らぎを見出すには こころが離れすぎていました

どこにも 私の居場所はなかった・・・

もう死ぬしかない と思いました
自殺をしたら、家族は保険金が入らなくなり 路頭に迷うでしょう
それでは 死んでからも私は家族に恨まれてしまう

それはどうしても避けたかった

それなら いっそ殺人に見せかけてみよう と賭けをしたのです
思惑通り 死ぬことが出来て、加害者も見つかりました

実際にそうなってみると、今度はその加害者に申し訳ないことをした と思うようになりました
家族がその方を恨むのも 筋違いです
なんと 罪深いことをしたのか・・・

私は苦しくてなりません


そうだったのですか・・・

では ご家族の方にもお話を伺ってみましょう

奥さん始め 子供さんたちも 太郎さんを慕っていて、声を聞くことが出来ない 抱きしめてもらうことが出来ないことをとても寂しく感じておられました。

家族に愛されていない そう太郎さんは仰っていますよ。

そう告げると、奥さんは見る間に瞳に涙をいっぱい浮かべ、声をあげて泣き出されました。

やっぱり そんな風に思っていたんですね!
いつのころからか 彼は尖ってしまって・・・
私たちはいつも 彼を大好きでした。
彼が仕事で疲れて 私たちがそばにいることを疎ましく思っているのだ と話していました。

もっと 話をすれば良かった
大切な人なのだ と伝えれば良かったんですね・・・

太郎さんが近づいてきました。

あなた!!

奥さんは叫びつつ 太郎さんに抱きつきました
太郎さんは しっかりと奥さんを受け止めると 悪かった・・・ 申し訳なかったね と何度も声を掛けられました。

子供さんたちもやってきて、太郎さんを抱きしめました。


来世 出会ったら、今度は自分のこころに忠実に生きましょうね

奥さんがやっと 顔をあげてそう言うと、太郎さんは何度も うんうん と頷きました。

勝手に判断せずに ちゃんと自分の気持ちを伝えることが出来る そんな生き方をしたいね

奥さんと子供さんに見守られ、太郎さんは光の元へと還っていきました。


自殺 ということについて

私たちの命は、与えられたもの と考えるとき、自分でその命を縮めることは悪いこと という概念が私たちには出来上がっています。

しかし、与えられた命でも 自分で寿命を設定しています。
どんな形でこの世を去るか それもやはり 自分で決めてきているのです。

良い死 悪い死 はありません。
一様に この世からあの世へ逝く
それだけのことです。

そこに 太郎さんのように生命保険が絡んでくると、問題視せざるを得ないかもしれません。
でも それも所詮 人間が決めたこと。
ただ そういう結果になった ということのようです。

ありがとうございます(^人^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。