FC2ブログ
猫とワタシ

ご供養物語

2014年6月 大日如来さまに導かれて始まった 広く深い故人のご供養のお話

この記事のみを表示する23番目は白拍子さん

供養

2014年9月11日 ブログより

 久しぶりのご供養でしたが、特に早くしてください という要求も感じないまま、特に気が焦るわけでもなく 気ままにやらせていただく を地で行く私らしいな と苦笑もしたり^^

 その久しぶりのご供養で出てこられたのは、白い着物姿の男性でした。
お名前を伺うと 白拍子 と仰いました。私の知識の中の白拍子は女性のはず。

それがお名前ですか? 白拍子という お仕事ですか?

そう伺いましたら、

どうでも良い 白拍子 だ!

ちょっと、気の短い方のようですね^^;
いつものように 白拍子さんの 生きざまをみせていただきました。


 建物の一部を廊下で繋いだ先にある舞台で舞っている女性が見えました。
その女性をそっと物陰に隠れてみているのが、今回ご供養させていただく 白拍子さんのようです。

 舞終わって、身分の高い男性に導かれてともに去る その女性を白拍子さんは追いかけます。
そして ふたりが部屋に入って暫くしたころ、乱入し女性を連れ出しました。
無理やり 引きずるようにして屋敷から離れたところで、白拍子さんは女性になじられました。

 なじられたことに腹を立て、白拍子さんはその女性を斬り捨て 自分は遠いところまで逃げました。たどり着いた先で 白拍子さんは山伏の修行のようなことをしています。


 白拍子さんの生きざまを 確認してみました。

ああ 確かに私は 女性を斬った
あの時 私はあの女性を救ったはずなのだ
私が想いを寄せていたことも事実だが、あんなに若くて綺麗な人が・・・

だから 一緒になろうと思い、連れ出したのだ
けれど あの人は私をなじった
なぜ こんなことをするのか! 
なぜ 私を連れ出したのか?
親に顔向けならない と激しく私をなじったのだ

だから 殺めた そしてひとりで逃げた

逃げても逃げても 屋敷から追手が来るのではないか と恐ろしかった
修験者として生きたが、何をしていても 女性の恨みを感じたし 追手の存在を感じた

私はどうすれば この呪縛から逃れられるのだ?


 わかりました。まずは こちらをどうぞ と瑞々しい林檎をお渡ししました。
その林檎を、果汁を滴らせながら白拍子さんは一心不乱に食べています。その間に 女性を呼んでみました。


 やってきた女性は、確かにまだ若く とても美しい人でした。
いまだに なぜ自分が連れ去られ そして斬り捨てられたのか わからずにいました。

 白拍子さんの思いを伝えましたが、やはりわからないようです。

 私は舞うこと そしてその後殿方に身を任せることを親から教えられました
ですから その通りに生きていました
そのことに 何の不思議もなく暮らしていたのです

 それなのに あの日いきなり連れ出され、問いただしても満足な返事ももらえず 殺されました
両親が咎を受けていなければ良いのですが・・・
私はそのことがずっと 気になっていました

そんな風に話してくれました。彼女は、白拍子さんのことなど 見たこともなかったのです。

 白拍子さんと直接会って 話をしてもらうことにしました。

 事情がわかっても 白拍子さんは少し女性を怖れているように見えました。

私を恨んではいないのですか?

 あなたを恨もうにも 私はあなたについて何も知りません
連れ出され、生きてどこかであなたと暮らしたならあなたを恨むこともあったでしょう
でも あの場で殺されました
それが唯一の救いでした

 殺された事が 唯一の救い?
なぜですか?

 死んでしまえば、両親がいくら責められたとしてもそれで終わりになる と思いました
私の意志で 逃げた と思われることは、親不孝にしか なりません
ですから無理やり連れ出され そして殺された ということは救いでした


 ということであれば、女性からの呪いとか恨み という部分はまったくなかった ということになります。
女性にも林檎を渡し、食べていただく間に お屋敷の主さまにもお話を聞くことにしました。


 こちらも 特に立腹された様子もなく、ただただ あの時は何が起こったのかもわからず 往生した とのお話。
女性を連れ去られたことで、面目丸つぶれ とか 女性の両親に対して償いをさせる といったことはあったのですか?

 いやいや そんなことも特に気に掛けてはおらんよ
あの女性に想いを寄せていたわけでもない
ただ 余興として舞を楽しみ その後 あの女性とも楽しむ
その程度のことであったからなあ

 面目丸つぶれなどと考えたこともない
ああいう遊びは、粋がすべてだ
あれこれ ことを荒立てるのは粋ではないからのう

 それでは、連れ出した男性に追手を掛ける ということもありませんでしたか?

それは当り前だ
それほど重要なことではないからのう




 拍子抜けするほど、白拍子さんの思いは空回りしていました。
彼はいったい 何をそれほどまでに恐れて生きたのでしょう。
女性も お屋敷の主さまも 白拍子さんを恨むどころか しっかりと覚えてさえいません。

 それなのに、ずっとずっと 女性に恨まれている 追手を掛けられ いずれ見つかって殺される と思い込んで生きたのです。

 主さまは 家来と共に林檎を食べると、するりと光の元へと還って行きました。
特に 白拍子さんに声を掛けるでもなく、もちろん女性にも何も言わず。。。

白拍子さんと女性は、ただ黙って木の下に座っていました。


 申し訳ありませんでした
私の一人合点であなたを連れ出し そして殺めてしまった。。。
申し訳ありませんでした

 いえ もう終わったことです
特に両親にも咎はなかったようで 安心しました
まだ 人を恋することもなく 親に言われた通りの生き方をしました
次の世では もっと長く生きて 人を愛することを知りたいと思います

 そうですね
もしも お目にかかることがあれば、その時はあなたを護ることのできる男でいたい
そう思います

 ありがとうございます
何も知らずに生きた 短い人生でしたが、あなたに短い間でも愛された と知って幸せでした


そう言ってにっこり微笑みました。
どちらからともなく そっと手を繋ぎ そして 光の元へとふたりは還って行きました。

あの日の 女性の舞姿がふたりを見送っているようでした。
スポンサーサイト

この記事のみを表示する25番目は司郎さん

供養

2014年9月27日 ブログより

さて 今夜のご供養は記念すべき25番目の方です。
お名前を司郎さん と仰います。


 前回の権太さん同様 とても体の大きな方です。

ん? なんだか違う気もするな と思いながら、お名前を伺ったのですが きちんと仰いません。
お話は出来ますか? と聞いても、頷かれるだけ。

一応 司郎さん とこころに浮かんだので、生きざまをみせていただきました。

昭和の初めのころの子供さん。自転車のタイヤを外した車輪に、棒をあてがってそれを走らせる・・・
うまく伝わるかな? そんな遊びをしている男の子。

 どしん とぶつかったのは、雲を突くような大男。

ん? この話 権太さんの時ととても良く似ている。。。


 そこから話が進んで行きません。
一度席を立ち、水を飲みました。
そして やり直し。

 私の前に座っている司郎さんに、本当の姿になってください と伝えました。どうも 違和感があってね。。。

 すると シュルシュルシュルー とまるで風船の空気が抜けたようになり、身体の小さな男性になりました。
やっと落ち着いて生きざまをみせてもらえます。

 身体が極端に小さいことで 劣等感を持って生きて来られたようです。
司郎さんを愛する女性も現れました。
しかし 司郎さんは本気にしません。
結局 人生を斜にみたまま 終わられたようです。

 
 その司郎さんを愛した女性 花子さんに話を聞きました。

彼は私の思いを受け止めてくれませんでした
どれだけ 伝えても 聞く耳を持ちませんでした
とても 悲しいことです・・・


 今回は、おふたりの前世のご縁をみせてもらいました。

なんと・・・

 司郎さんはとても素敵な紳士です。
スマートで イケメンで 性格もよろしいようです^^
まるで、花子さんのよう。。。

 その花子さんは? というと、失礼ながら美人というにはちょっと抵抗がある。
実に平々凡々とした 質素な女性でした。

ややこしいですが、ここからは前世の おふたりの話です。

その花子さんを 司郎さんは愛していました。
でも 花子さんは信じてくれない。

こんな私に あなたは似つかわしくない

そう言って 司郎さんを拒みました。


結果 二人はまったく逆の容姿で生まれ変わり、出会ったのでした。
そして 今度は司郎さんが花子さんを拒みました。

なんてことでしょうねぇ・・・

なぜ もっと自分に自信を持たないのでしょう。


 おふたりにこのことを伝えると、費やした時間を惜しむようにお互いを見つめ合い、そしてしっかりと手を取り合いました。

自分たちの見てくれやまわりの目ばかりを気にして、本当の自分をみることをしていなかった・・・
なんて無駄な時間を過ごしたのだろう

自分が綺麗なばかりに 彼女は私のこころを信じてくれなかった
だから 綺麗でなくなれば、彼女が私の思いを受け止めてくれる そう思った

 それは花子さんも同じ思いでした。

私が醜いから 彼とは釣り合わない
綺麗になれば きっと彼と一緒に生きられる

でも 今度は司郎さんが自分に自信を失い 花子さんを拒否しました。
いったい いつまでこんなことを続けるおつもりだったのでしょうねぇ。。。


お互いの思いがはっきりとわかったおふたりは、次に出会ったときはどんな見てくれであっても きっと魂が大喜びするに違いない!

そう言って 二人で光の元へと還って行きました。
その二人のまわりには、天使が寄り添っていました^^

この記事のみを表示する24番目は権太さん 

供養

2014年9月23日 ブログより

 権太さんは雲を突くような大男。
お相撲さんだった と仰いました。
早速 生きざまをみせていただきました。

 権太さんは子供のころから体が大きくて、力もとても強かったそうです。ですからお祭りの時の奉納相撲では、子供ながら負けを知りません。
そんな彼を見て 関取にならないか と誘った人がいます。

 権太さんは喜んで その人に付いて行きました。
けれど 権太さんの力は、とんでもないものだったのです。

始めての練習でも 先輩の関取を簡単に投げ飛ばし 怪我をさせてしまいました。
みんなは 彼を怖れて誰も相手にしてくれません。
そんな権太さんは自棄になり、だれかれ構わず投げ飛ばし 怪我をさせ 死なせたこともあります。

 結局捕まえることも出来ないので、焼き殺されてしまいました。

なんてこと・・・


 権太さんは なぜ自分が化け物のような 鬼のような人間に生れてしまったのか 知りたい と仰いました。
生れたときから大きかったようですから、この時の権太さんを見ても仕方がありません。

 このような権太さんを望むようになった 過去世をみせてもらいました。


 お侍さんでした。
身長は150㎝にも満たない 小柄な男性でした。しかし とても勇気のある立派な武家の跡取り息子さんでしたが、身体が小さいことが災いして手柄も立てることができず 失意のうちに死んでしまいます。

 次に生まれてくるときは、誰もが恐れるような大きな体と今以上に強い力を持った男になりたい!

 そのお侍さんはそう強く願いました。
結果 権太さんとして生まれ変わったのです。

お侍さんと話をしました。

 あなたのご無念はそのまま 権太さんのご無念になっているように感じられますよ

なぜですか?
身体が大きく 力も強ければ、誰にも負けることはないでしょう!

 時代が違います。
加えて、権太さんはお侍さんでもなければ、家督を守る という使命もありません。
ご自分の身体や力を持て余し、結局皆から怖れられ 焼き殺されてしまいました。

なんてことだ・・・


 いま権太さんはなぜ こんな身体に生れたのだ!? と嘆いています。


お侍さんは絶句しました。


 きっとこのお侍さんの前世は、権太さん同様に身体の大きな人だったのでしょう。
それを嫌って 小さな体を望んだように思えます。
でも そうではなかった。


 お侍さんの前世も一緒に 光の元へと送りました。

権太さんにこの話をすると、権太さんはしっかりと理解しました。
大きな身体を持て余し、もっと小さな身体であったらどれほど幸せだったか 何度も何度も思ったからです。

 お侍さんを恨むこともなく、権太さんは良かった と言いました。
身体は大きく 力もとてつもなく強いけれど、気持ちは優しいオノコなのです。

 自分が食べていたイチジクを 自分が怪我をさせたり 死なせた人にも食べさせたい と呼び寄せました。

あなたを焼き殺した人たちはどうしますか? と聞いた時も、恨んでなんかいない あの時死ぬことができて ホッとした と言いました。
死にたかったのではない でも 生きていてこれからもずっと 人を怪我させたり 死なせたりすることはもう したくなかったから・・・ と。

 みんなで たくさんのイチジクを食べていました。


ん? イチジク・・・
不老長寿 だったよね(笑)
まあ 良いか!
次に生れたときは、健康な体で長生きすることができるでしょう♪

思い思いに皆が光の元へと昇っていった後、権太さんがひとり残っていました。

 次の世では、人並みの身体と人並みの力を持って生まれてきます!
力強くそう言うと、金剛力士像に守られて 光の元へと還って行きました。

この記事のみを表示する22番目は高志さん

供養

2014年9月1日 ブログより

さて ちょっと時間が開きましたが、22番目の方のご供養です。


 高志さん と仰います。
何が問題だったのですか? と伺いましたが、はっきりと仰いません。
生い立ちをみてください  そう言われて、高志さんの生きざまをみせていただきました。

私がみせていただくのは、生い立ちではなく、生きざま ですって。

 たくさんの人に囲まれて 生れたばかりの高志さんは大きな元気な声で泣いています。
それを聞いて また 喜ぶ大人たち。

薄暗い部屋で ひとりの女性が涙を堪えています。

 高志さんは、戸籍の上では嫡出子 となっていますが、実の母親は高志さんを生んだ後暇を出されています。
旧家の跡取り息子が欲しくて、それでお手付きとなった若い女性が高志さんの実の母親でした。

 高志さんは可もなく不可もなく 順調に旧家の跡取り息子として成長しました。
そして 戦争。。。
高志さんも出征し、こころに大きな喪失感を抱いて帰ってきましたが、大きな昔からの家は跡形もなく、両親もみな 死んでいました。

 ここでも高志さんは こころに痛手を負います。
そうしているうちに 思い出したのは、実の母のこと。
出征の前の日、叔父が高志さんに告げました。

 お前の母親は、実は民さんという女性なのだ。義姉さんに子供ができないから、民さんが産んだ子を嫡出子として届け 民さんは姿を消したんだ

 初めて聞く 驚きの事実。
高志さんは、戦争が終わったら 必ず 民さん という自分の本当の母親を探し出そうと決意していました。
でも 戦争は高志さんに大きなこころの傷を与えたのです。そして帰ってきて目にした、実家の惨状。 さほどの苦難を知らずに生きてきた高志さんには考える力も残っていませんでした。。。。

 生きていく気力を無くして、何をするでもなく、何処へ行くでもなく 高志さんはただ 生きているだけ。。。
妻も娶らず、ただただ 流れて そして息絶えたのでした。


 ご供養の順番が来ても、何をどうしたいのか はっきりとわからないようでした。

何が気に掛かりますか?

実の母のことです

それでは 呼んでみましょうか?


 高志さんの母親 民さんが現れました。
でも 高志さんの顔を見て 恐怖に身をすくめました。逃げようとさえしました。

 おかあさんですね

高志さんが声を掛けても 必死で左右に首を振ります。

 知りません 知りません 私は何も知りません!

民さんにも木の実を渡しました。恐る恐る木の実を食べ始めた民さんは、少しずつ事情を話してくれました。

 私はひとりの男の子を産みました
その子は旧家の跡取り息子として 大切に育てられましたが、私が母親である ということは決して口外しない と証文を交わしました
私はそれをきちんと守ってきました
今更 その約束を破るわけにはいきません

 高志さんは、民さんが母親だと教えてくれた 叔父さんを呼びました。
叔父さんは 高志さんを見ると とても喜びました。高志さんの行方が判らなくなった後、叔父さんが家の跡取りとなり、守ってきたのです。まずは その報告をし、民さんに気が付きました。

 高志 お前 民さんを探し出せたのかい?

はい 叔父さん ここでやっとおかあさんに会うことができました
でもおかあさんは、約束があるから と知らぬ存ぜぬの一点張り・・・
これでは何のために 会えたのか わかりません


 叔父さんは民さんに言いました。

民さん お前さんには寂しい思いをさせてしまったね
もう 良いんだよ 兄はとうにあの世に逝った 
民さんに証文を書かせた兄はもう いないんだ
それにね 今は高志ではなく 私の息子が家を守っている

もう 誰に気兼ねをすることなく 親子の名乗りをあげていいんだよ


 それを聞いて民さんは 両手で顔を覆い 膝からくずおれて 大きな声で泣きました。
おー おー と叫びながら 泣きました。

 高志さんが民さんのそばに寄り、そっと肩に手を掛けました。
それに気付いた民さんは、高志さんに抱きついて 二人で泣きました。

 暫くは皆で木の下に座り、昔話をしていましたが、やがて 高志さんと民さんが手を取り合って 光の元へと昇りはじめました。
すると 大きな龍が現れて 高志さんや民さん 叔父さんも乗せて ゆっくりと 大きく旋回しました。

 高志さんが生れた場所 育った場所・・・
民さんにとっては、辛い悲しい場所でしたが、もうその思いはありません。

笑顔で 高志さんを見つめています。
そうして その後はスピードをあげて 光の元へとまっしぐらに進んで行きました。

 戦争に行く前日 実の母親の存在を教えられた 高志さん。
ここでもう 自分の人生はなんだったのか? と大きく揺れているはずです。
そして 戦地。
戦争が終わっても 高志さんのこころの中には、あの過酷で残酷な場面が消えることはありません。

 こころの拠りどころとしていた実家も無残な有様に、高志さんは生きる気力を無くしました。

戦争を知らない私たちは、こういう思いを想像するしかありませんが さぞかし お辛かったでしょうね。。。

 実の母を探そうにも 探す当てもなく ただただ 流されて 生きていただけ。。。

そんな高志さんは、何をどうしたらよいのか ずっとずっと探していたのでしょうね。
でも 今日 やっとその答えが見つかりました。民さんにも やっとこころの平安が訪れました。

めでたしめでたし です。

この記事のみを表示する21番目はときわさん

供養

2014年8月25日

 さて、今朝は ときわさん と仰る 背の高いすらっとした女性です。
正座されていても、お顔がよく見えません。黒い影のように思える方です。

早速生きざまをみせていただきました。


 ときわさんが2~3歳のころでしょうか、農作業を終えて帰っている夫婦の間で嬉しそうに 父の顔、母の顔を見比べながら歩いている そんなところからスタートしました。

 母親のおなかは大きくなっており、しばらくして 男の子が産まれました。
その男の子も含めて、家族4人 とても素敵な笑顔で暮らしています。まだ ときわさんの身体はそれほど大きくなっていません。

 思春期のころのときわさんは、その頃で170㎝を超えていました。時代はセーラー服の女学生さん ということから、昭和の初めのころでしょうか。
女性としては、本当にすくすくと伸びたのですね。。。

 その頃のときわさんは、いつもうつむいて歩いています。お友達と歩くことを極端に嫌って、登下校はいつも ひとり。寂しそうに見えます。

 父親が先に気が付いて 母親に言いました。
ときわが何か悩んでいるようだよ 聞いてやってくれないか

 母親はときわさんにどうしたの? なにか悩み事でもあるの? と聞きました。

はっとした表情になり、次はすがるような表情で母親に聞きました。

どうして 私はこんな 大女になってしまったの?

今度は母親が驚きました。
家族といる時は、いつも明るい何の屈託もないときわさんだったからです。
返す言葉が見つかりませんでした。

いいの、おとうさんが背が高いからきっとその遺伝でしょう
いいの 誰が悪いわけではないんだから・・・

母親はときわさんをそっと抱きしめました。

 次に見えたのは、ときわさんが男性と一緒にいるところです。
男性はときわさんをとても愛していることがその表情から 良くわかります。
ときわさんは? と見ると、優しい目をしているのですが本心から楽しんでいるようには思えません。

 ときわさんに 聞いてみました。

結婚生活はいかがでしたか?

 私はとても幸せに家族と暮らしていました  
問題は、私の背が高すぎる ということだけでした
あの幸せな家族を私も彼と作りたい! その気持ちはありましたが、もしも女の子が生れて その子が私と同じように大女と呼ばれたらどうしよう とそればかりが気になり、子供を産むことができませんでした

 彼に対してはどんなお気持ちでしたか?

 最初はからかわれているのだと思いました
でも 彼はとても優しい人でしたし、こころのきれいな人でした 
次第に惹かれていき 結婚しましたが、私は彼に 愛していることを 一度も告げたことがありません
何度か チャンスはあったのですが、どうしても 愛しています と口に出せなかった・・・

そのことが悔やまれます
その時の彼の切なそうな表情を思い出すたび、申し訳なかった なぜ 一言 愛している と言えなかったのか 自分を責めています 


 ときわさんのご主人を呼んでみました。
浩二さんと仰るそうです。浩二さんは 本当に嬉しそうに 早足にやってきました。
そして しっかりと ときわさんを抱きしめました。
お顔の位置は、ときわさんの肩あたり。。。

ときわさんを見上げて、会いたかったよ と熱い思いを告げられました。
それを聞くと ときわさんは大粒の涙をこぼしました。

浩二さん 愛しています 愛しています あなたをずっとずっと愛しています


 浩二さんのお顔が輝きました。

ときわ 私もあなたを愛しています 出会ったときからずっと あなただけを見てきた
あなたを愛さなかった時は、一瞬たりともないんだよ


こうやって書いていても、あの光景を思い出して 私まで涙が滲みます。
それは 美しい光景でした。

その後ときわさんと浩二さんは、愛と信頼の木の下に座って話を続けられました。

あなたが背の高いことを気に病んでいることは知っていた
でもね そんなことがまったく気にならないほど あなたに魅了されていたんだ
あなたの優しさ 家族思いなところ・・・
私は あなたの背の高さも気に入っていたけれど、それを言ってはいけない と思っていたんだよ

ほら 

と彼は手を伸ばしましたが、木の実に届きません。するとときわさんは 何も言わず さっと手を伸ばし 木の実を浩二さんに渡しました。

 ねっ

悪戯っぽく 浩二さんは笑いました。
何も言わなくても あなたはわかってくれる
背が高いことも 便利でしょう

ときわさんも その言葉を聞いて 鎖を解かれたように 朗らかに笑いました。

両親にも詫びなくちゃ・・・

 ご両親が弟さんと一緒に来られました。
ごめんなさい・・・

ときわさんは言いました。

良いのよ 誰が悪かったわけではないんだから
でも 何もしてあげられなくて ごめんなさいね

母親もそう言って ときわさんを優しく抱きしめました。そんな二人を 3人の男性は優しく見守っていました。

やがて 天女に導かれて 5人は光の元へと還って行きました。
ときわさんと浩二さんは いつまでも いつまでも 手を振り続けていました。


昨日も今朝も 幸せな想いの ご供養です。

あの時は言えなかった、いまだから言える!

そんなことは多いと思いますが、思いを残すと結局自分が一番辛い思いを長く続けるようですね。

素直になることが 一番!

そんなことを思ったご供養でした。


 その後 大日如来さまに今の私の思いをみな 打ち明けました。
こんなことは初めてです。私は涙が止まらなくなり、号泣していました。

静かに話を聞いてくださり、いろいろな話をしてくださいました。

私が泣き止む頃は 不動明王さまも道元禅師もひつくの神さまも皆さん 私の周りに来てくださっていました。

私たちの思いがあなたに無理をさせてしまったようだね

そんな風に言われたら、嬉しくて 切なくて 自分自身が不甲斐なくて 泣くしかないですよね。

それでもあなたはやり続けるだろう
それがあなただから・・・

そして こんなことも教えてくださいました。

あなたはあなたのままでいなさい
あなたが今やろうとしていることを完成させた後、あなたは素晴らしい男性と出会うことになっています
安心して おんなであることも楽しめるように ゆめゆめスキンヘッドなどということにはしないように
今世 あなたはおんなであって、尼ではないのですから


 中途半端な髪の長さが嫌で、いっそ丸坊主にしてしまったら どれだけ楽だろう と思うことが多い この夏です^^;

やっぱり見守られているのだな という思いを改めて感じ、よ~っし やるぜ~!! と復活した 竹田 でした。

そんな様子を 天照さまとヤマトタケルさまが面白そうに みておられました。